東京都の産科・婦人科・出生前診断なら新宿南口レディースクリニック|新宿駅南口から徒歩3分

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニック

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニックの診療時間は(月・火・木・金)10:00~13:30 15:00~19:00(土曜)9:00~14:00 休診:水曜、日・祝

各線「新宿駅」駅南口徒歩3分

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニックは電話予約が可能です

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニックの電話番号03-3376-3770

クラミジア感染症

クラミジア感染症は非常に頻度の高い性感染症です。性器だけの病気と思われがちですが、オーラルセックスにより口や喉にも感染する場合があります。

こんな症状ありませんか?

自覚症状が出にくい病気ですが、以下の症状が現れた場合はクラミジア感染症を疑ってみましょう。

性器、腹部

  • 性器や下腹部に違和感や痛み
  • おりものが普段より多かったり異臭がする(帯下の異常)
  • 性行為の際の出血
  • 右上腹部の痛み

口・喉

  • 喉の腫れや痛み
  • 軽い発熱

放っておくとどうなる?

クラミジア感染症を放っておくと、以下の病気が発症してしまう場合があります。また、不妊症や子宮外妊娠の原因となることもあります。

  • 子宮頸管炎
  • 子宮内膜炎
  • 卵管炎
  • 卵巣炎
  • 骨盤腹膜炎

検査・治療と治療は?

検査は子宮がん検診同様

検査は子宮頸がん検診と同じように綿棒で子宮頸管粘液を拭って、その中にクラミジアDNAがいるかどうかを調べます。

また、クラミジア感染者の10%程度は淋菌感染症も合併しているため同時に検査を受けることをお奨めします。

重症の場合には入院治療も

軽症の場合は抗生剤の内服で治癒しますが、重症の場合は点滴で加療することもあり入院施設のある医療機関での治療が必要となることもあります。

また、産婦人科学会が出版している婦人科診療ガイドラインによると、治療の効果判定の為に3週間程度あけて再度検査を行うことが望ましいとされています。

上記したように、クラミジアは治療可能な感染症ですが、将来の妊娠にも影響します。適切な治療を受けるため、医療機関を受診するようにしてください。

新宿南口レディースクリニックでは受診する前の症状チェックをオンラインで行っていただけます。
出生前診断
先天性疾患について
染色体について
染色体疾患について
妊娠に対する年齢の影響
高年齢妊娠
ハイリスク・ローリスク
遺伝カウンセリングのご案内
妊娠初期超音波検査とコンバインドテスト
妊娠初期の胎児スクリーニングについて
妊娠中期の胎児ドックについて
NTとNT肥厚について
NIPT
クアトロ検査
羊水検査
絨毛検査について
産科診療のご案内
妊婦健診について
3D/4Dエコー検査
妊娠中や授乳中のコロナワクチン接種について
妊娠中の食事について
妊娠中の運動について
妊婦のマイナートラブル
便秘
妊婦のマイナートラブル
こむら返り
妊婦のマイナートラブル
手根管症候群
婦人科診療のご案内
生理不順/月経異常
子宮筋腫
子宮内膜症
更年期障害
子宮がん
卵巣腫瘍
淋菌感染症
クラミジア感染症
低用量ピル
アフターピル(緊急避妊)
風しん予防接種

このページの先頭へ戻る