東京都の産科・婦人科・出生前診断・NIPTなら新宿南口レディースクリニック|女性医師の診察あり

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニック

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニックの診療時間は(火・木・金・土)10:00~13:30 15:00~19:00(月曜)9:00~14:00 休診:月曜午後、水曜、日・祝

各線「新宿駅」駅南口徒歩3分

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニックは電話予約が可能です

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニックの電話番号03-3376-3770

妊娠後期の胎児ドックについて

当院では妊娠後期(30週前後)にも胎児ドック(胎児超音波検査)を行なっています。

妊娠後期では胎児の成長に問題がないかどうかに関してと、妊娠中期の胎児ドックでは確認されない胎児の構造異常に関しても確認していきます。

妊娠後期になって明らかになる異常もあるため、検査は大切です

一般的に、妊娠中期までは胎児の成長の異常はわからないことが多いと言われています。

そのため、妊娠の後期に胎児の成長に異常がないかどうかを確認していくことは大切です。

もし、胎児の成長に異常が疑われる場合、羊水量に問題がいないかどうか、胎児の動脈計測や母体の子宮動脈の計測を行い、胎児の健康に問題がないかどうかを確認していきます。

また、構造学的な異常がないかどうか確認し、遺伝学的な背景がないかどうかも確認していきます。

胎児の構造異常の多くは、妊娠初期と中期で確認することができますが、一方で、妊娠後期になって明らかになる構造異常もあります。

胎児の構造異常の14%程度は妊娠後期の胎児超音波検査で見られたというデータも出ています。

参考:National Library of Medicine Diagnosis of fetal non-chromosomal abnormalities on routine ultrasound examination at 11-13 weeks' gestation

腸管の閉塞性病変や水腎症などは後期で明らかになってくることも多く、また、胎児の腫瘍性病変も主に妊娠後期に検出されます。

心臓の構造異常も妊娠経過中に症状が増悪してくる場合もあり、妊娠の前半では明らかな形の変化が見られなくても、妊娠後期になって明らかとなる場合もあります。

そのような胎児の状態を確認することで、適切な分娩施設を選択することが可能となります。

初期・中期と組み合わせることで適切な胎児評価ができます

妊娠後期では中期と比較して胎児の周囲のスペースは小さくなっていますので、四肢の観察が困難なことがあります。

また、うつ伏せの状態でいることも多いため、顔の観察が難しかったり、逆に仰向けの状態でいる場合は脊椎の観察が難しいこともあります。

全ての構造評価をすることが難しいことが妊娠後期での胎児超音波検査の限界と言えます。

そのため、妊娠初期・中期・後期の胎児超音波検査を組み合わせることが胎児の構造を適切に評価するためには肝要と考えています。

出生前診断に関連する項目

新宿南口レディースクリニックでは受診する前の症状チェックをオンラインで行っていただけます。 当院へ患者様をご紹介下さる医療従事者の方へのご案内
出生前診断
先天性疾患について
染色体について
染色体疾患について
妊娠に対する年齢の影響
高年齢妊娠
ハイリスク・ローリスク
遺伝カウンセリングのご案内
妊娠初期超音波検査とコンバインドテスト
妊娠初期の胎児スクリーニングについて
妊娠中期の胎児ドックについて
妊娠後期の胎児ドックについて
NTとNT肥厚について
NIPT(新型出生前診断)
クアトロ検査
羊水検査
絨毛検査について
染色体検査の種類について
産科診療のご案内
妊娠の判定
妊婦健診について
3D/4Dエコー検査
妊娠中や授乳中のコロナワクチン接種について
妊娠中の食事について
妊娠中の運動について
妊婦のマイナートラブル
便秘
妊婦のマイナートラブル
こむら返り
妊婦のマイナートラブル
手根管症候群
婦人科診療のご案内
生理不順/月経異常
子宮筋腫
子宮内膜症
更年期障害
子宮がん
卵巣腫瘍
淋菌感染症
クラミジア感染症
低用量ピル
アフターピル(緊急避妊)
風しん予防接種

このページの先頭へ戻る