東京都の産科・婦人科・出生前診断・NIPTなら新宿南口レディースクリニック|女性医師の診察あり

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニック

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニックの診療時間は(火・木・金・土)10:00~13:30 15:00~19:00(月曜)9:00~14:00 休診:月曜午後、水曜、日・祝

各線「新宿駅」駅南口徒歩3分

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニックは電話予約が可能です

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニックの電話番号03-3376-3770

染色体について

染色体とは

染色体とは、数百から数千の遺伝子情報が詰まった非常に長いDNAが、折りたたまれたものを言います。

各染色体上の遺伝子は特定の順序で並んでおり、各遺伝子も特定の場所に存在します。

特定の細胞(精子や卵子や赤血球等)以外のすべての細胞の中心には23対(2本1対)、合計46本の染色体があります。

それぞれの対を構成する染色体は、片方ずつ両親より受け継がれます。

染色体の組み合わせで、性別が決まります

人の染色体は、通常22対(44本)の常染色体と1対(2本)の性染色体でできています。

常染色体は長いものから順番に1番から22番まで番号がふられており、常染色体の対は目的・大きさ・形・遺伝子の位置と数が同一になっています。

一方で、1対(2本)の性染色体はX染色体とY染色体が存在し、赤ちゃんが男性になるか女性になるかは、この2本の性染色体によって決まります。

男性はXY染色体をもち、女性はXX染色体をもち、1本は母親、もう1本を父親から受け継ぎます。

染色体
男性 XY
女性 XX

出生前診断に関連する項目

新宿南口レディースクリニックでは受診する前の症状チェックをオンラインで行っていただけます。 当院へ患者様をご紹介下さる医療従事者の方へのご案内
出生前診断
先天性疾患について
染色体について
染色体疾患について
妊娠に対する年齢の影響
高年齢妊娠
ハイリスク・ローリスク
遺伝カウンセリングのご案内
妊娠初期超音波検査とコンバインドテスト
妊娠初期の胎児スクリーニングについて
妊娠中期の胎児ドックについて
妊娠後期の胎児ドックについて
NTとNT肥厚について
NIPT(新型出生前診断)
3つのトリソミー
クアトロ検査
羊水検査
絨毛検査について
染色体検査の種類について
産科診療のご案内
妊娠の判定
妊婦健診について
3D/4Dエコー検査
妊娠中や授乳中のコロナワクチン接種について
妊娠中の食事について
妊娠中の運動について
妊婦のマイナートラブル
便秘
妊婦のマイナートラブル
こむら返り
妊婦のマイナートラブル
手根管症候群
婦人科診療のご案内
生理不順/月経異常
子宮筋腫
子宮内膜症
更年期障害
子宮がん
卵巣腫瘍
淋菌感染症
クラミジア感染症
低用量ピル
アフターピル(緊急避妊)
風しん予防接種

このページの先頭へ戻る