新宿駅南口徒歩3分の産科・婦人科 出生前診断 新宿南口レディースクリニック

新宿駅南口徒歩3分の産科・婦人科 新宿南口レディースクリニック

新宿駅南口徒歩3分の産科・婦人科 新宿南口レディースクリニックの診療時間は(月・火・木・金)10:00~13:30 15:00~19:00(土曜)9:00~14:00 休診:水曜、日・祝

各線「新宿駅」駅南口徒歩3分

新宿駅南口徒歩3分の産科・婦人科 新宿南口レディースクリニックはインターネット予約が可能です

新宿駅南口徒歩3分の産科・婦人科 新宿南口レディースクリニックの電話番号03-3376-3770

出生前診断

当クリニックはFMF Japan(The Fetal Medicine Foundation Japan)の認定施設です。

FMFは英国発祥のチャリティ組織で、胎児医療の研究と教育を通して、妊婦・胎児の健康向上を行うことを目的としています。

院長はFMFの研究員として、英国ロンドンの病院で2年間胎児超音波を中心とした胎児医療の専門的トレーニングを行ってきました。

FMFのフェローシップの修了者は日本に6名しかおらず、院長はそのうちの一人です。

お腹の赤ちゃんのことで不安がある方はご相談ください。FMFについて詳しくはこちらをご覧ください

また、当院には認定遺伝カウンセラー🄬が在籍しております。

遺伝カウンセリングは胎児診断において、検査の前後に十分な説明を行うこと、また高齢妊娠・出産についての不安などのご相談にのるものです。

胎児ドック

分娩前の胎児の状態を検査、診断しております。

胎児診療では超音波検査による胎児の診察と、羊水検査に代表される遺伝学的検査も行なっています。

日本では半数近くの妊婦さんが1次施設で分娩をしている状況です。
その為、分娩前に胎児診断を行い、適切な分娩施設の選択が母子の予後を最適なものにすると考えています。

また、限定的ではありますが、妊娠中の胎児治療ができる胎児疾患もあり、その為、早期での診断は非常に重要なものと考えています。

妊娠初期の胎児スクリーニングについて

当クリニックでは出生前検査の一つとして、妊娠11週から13週の時期に妊娠初期の胎児スクリーニング(初期胎児超音波検査)および、コンバインド検査(初期胎児超音波検査+採血検査)を実施しています。

検査の目的

日本でも新型出生前検査(NIPT)が2010年代に開始され、出生前検査の中心となってきています。

実際に超音波検査を通じて赤ちゃんを診ることでNIPTではわからない多くの情報が得られます。

また、万が一赤ちゃんに何らかの病気が見つかった場合でも早期に発見することで、現在はまだ限定的ではありますが、胎児治療につなげることが可能な場合があります。

胎児期に治療ができない場合でも適切な分娩施設を選び、分娩後の治療にスムーズに繋げることも目的としています。詳しくはこちらをご覧ください

初期胎児ドック+血清マーカー(コンバインドテスト)

 

妊娠初期超音波検査は妊娠11週~13週の時期に行う詳細な超音波検査です。

まず、胎児の頭からお尻までの長さ(CRL)を計測して週数相当であることを確認すると同時に、解剖学的に大きな変化が胎児に認められ無いかどうかを診ていきます。

解剖学的な評価では、以下のような項目を一つ一つ診ていきます。詳しくはこちらをご覧ください

コンバインドテスト結果

図1:コンバインド検査結果によるリスク別フローチャート

クアトロ検査

母体血清中の4つのマーカー( AFP, uE3, hCG, Inhibin A )を測定して、以下の疾患をもつ確率をそれぞれ算出するスクリーニング検査です。

  • 胎児がダウン症候群
  • 18トリソミー
  • 神経管閉鎖不全

羊水検査や、より正確な情報を得るための画像診断の必要性を考慮する材料になります。詳しくはこちらをご覧ください

羊水検査

羊水には赤ちゃんの細胞が含まれています。

そのため羊水を採取して、羊水中に含まれる赤ちゃんの細胞を調べ、赤ちゃんの染色体異常の有無を調べる検査が羊水検査です。

羊水検査は確定的検査になるため、コンバインド検査やNIPTのような確率を計算する検査ではなく、診断するための検査になります。詳しくはこちらをご覧ください

絨毛検査

絨毛は、将来胎盤となる部分の一部の事です。絨毛を採取して検査するのが絨毛検査です。

絨毛検査は確定検査になる為、コンバインド検査やNIPTのような確率を計算する検査ではなく、診断するための検査になります。詳しくはこちらをご覧ください

妊娠中期の胎児ドックについて

当院の胎児ドックはおなかの中の赤ちゃんが妊娠週数通りの大きさに成長しているか、赤ちゃんの臓器は週数通りの成長をしているかなどを確認します。

それぞれの臓器のチェックすべき項目を一つずつ確認していきます。

妊娠中期の胎児ドックは妊娠18週~22週の間に行います。詳しくはこちらをご覧ください

後期胎児ドック

赤ちゃんの頭の中から足の先まで観察する超音波検査です。妊娠30週(後期)で行います。

各種検査と費用

すべて税込み価格となります。

初期胎児ドック 27,500円
初期胎児ドック+血清マーカー(コンバインドテスト) 49,500円
クアトロ検査(中期血清マーカーテスト) 22,000円
羊水検査 165,000円
絨毛検査 165,000円
中期胎児ドック 27,500円
後期胎児ドック 19,800円

出生前診断に関連する項目

産科診療のご案内
妊婦健診について
3D/4Dエコー検査
妊婦のマイナートラブル
便秘
妊婦のマイナートラブル
こむら返り
妊婦のマイナートラブル
手根管症候群
婦人科診療のご案内
生理不順/月経異常
子宮筋腫
子宮内膜症
更年期障害
子宮がん
卵巣腫瘍
淋菌感染症
クラミジア感染症
低用量ピル
アフターピル(緊急避妊)
風しん予防接種
出生前診断
先天性疾患について
染色体について
染色体疾患について
妊娠に対する年齢の影響
高年齢妊娠
ハイリスク・ローリスク
妊娠初期超音波検査とコンバインドテスト
妊娠初期の胎児スクリーニングについて
妊娠中期の胎児ドックについて
NTとNT肥厚について
NIPT
クアトロ検査
羊水検査
絨毛検査について

このページの先頭へ戻る