東京都の産科・婦人科・出生前診断なら新宿南口レディースクリニック|新宿駅南口から徒歩3分

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニック

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニックの診療時間は(月・火・木・金)10:00~13:30 15:00~19:00(土曜)9:00~14:00 休診:水曜、日・祝

各線「新宿駅」駅南口徒歩3分

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニックは電話予約が可能です

東京の産科・婦人科・出生前診断 新宿南口レディースクリニックの電話番号03-3376-3770

妊婦のマイナートラブル 妊婦の手根管症候群

手根管症候群とは

正中神経が手首で圧迫されることで中指から親指にかけてしびれが出てくる状態です。

原因

妊娠中のむくみにより手根管が腫脹し、正中神経を圧迫することで発症します。

また、妊娠中には末梢神経の興奮性が高まっていることも原因と考えられています。

症状

自覚症状として、中指、人差し指を中心としたしびれや痛みがあり、朝起きたときに症状を強く感じます。

手を振ることで症状が楽になることも特徴的です。

分娩後から授乳期が終わるころには、これらの症状は良くなることが多いです。

妊娠中の対処法

妊娠中に初めて症状が出てきた場合、多くの場合、対症療法のみで分娩後は自然に良くなることが多いです。

むくみによることが多いですので、食事の塩分を控えます。

手首の運動や手を握ることをなるべく避け安静にすることも大切です。

内服薬を使用する場合は痛みを抑えるためにアセトアミノフェンを服用します。

また、しびれに対してはビタミン剤を使用し、浮腫みに対しては五苓散などの漢方薬を使用することもあります。

妊娠中のしびれであっても妊娠以外の原因が隠れていることもあります。症状がある場合はかかりつけの先生にご相談ください。

新宿南口レディースクリニックでは受診する前の症状チェックをオンラインで行っていただけます。
出生前診断
先天性疾患について
染色体について
染色体疾患について
妊娠に対する年齢の影響
高年齢妊娠
ハイリスク・ローリスク
遺伝カウンセリングのご案内
妊娠初期超音波検査とコンバインドテスト
妊娠初期の胎児スクリーニングについて
妊娠中期の胎児ドックについて
NTとNT肥厚について
NIPT
クアトロ検査
羊水検査
絨毛検査について
産科診療のご案内
妊婦健診について
3D/4Dエコー検査
妊娠中や授乳中のコロナワクチン接種について
妊娠中の食事について
妊娠中の運動について
妊婦のマイナートラブル
便秘
妊婦のマイナートラブル
こむら返り
妊婦のマイナートラブル
手根管症候群
婦人科診療のご案内
生理不順/月経異常
子宮筋腫
子宮内膜症
更年期障害
子宮がん
卵巣腫瘍
淋菌感染症
クラミジア感染症
低用量ピル
アフターピル(緊急避妊)
風しん予防接種

このページの先頭へ戻る